タイトル
トップへ カートについて 購読申し込み 取扱店 お問い合わせ 全日本リザルト

カートって何だ?


レーシングカートとは?

    4歳児から還暦を過ぎた人まで、老若男女誰もが楽しむことが出来る最も身近なモータースポーツ、それがレーシングカートです。
    その造りは非常にシンプルで、鉄パイプを曲げたり溶接したりして作ったフレームに、エンジンやタイヤ、シートといった走るために必要最低限のパーツを搭載した原始的な構成です。
    しかし、そのシンプルさゆえに、走りの楽しさは無限大で、週末ともなれば全国各地に点在するカートコースで毎週のようにレースが開催、世界中で多くのカーターたちが楽しんでいます。


フォーミュラドライバーへの登竜門

    伝説のF1ドライバーだった故アイルトン・セナがカート出身だったというのは有名な話。10代のころには日本のカートレースに参戦するために来日したこともあるのです。
    そして赤い皇帝と呼ばれたF1史上最強と名高いミハエル・シューマッハや、07年にデビューするや快進撃を見せたルイス・ハミルトンをはじめ、日本人ドライバーの中嶋一貴や佐藤琢磨といったF1選手のほとんどがカート出身者です。
    それは、カートにはあらゆるモータースポーツの原点が詰まっているからです。ドライビングからセッティング、レースの構成術まで、そのすべての基本を若い世代のうちから学び取ることが出来るのです。
    現在はさらに、ミドルフォーミュラへのステップアップが明確に用意されていることも大きいようです。カートレースで輝かしい戦績を残すことにより、次のカテゴリーへ進む際のサポートを企業から受けることが出来るため、実力次第で上に行くチャンスはさらに広がります。


誰もが気軽に簡単に

    カートに乗る人すべてがF1パイロットやフォーミュラドライバーを目指しているわけではありません。カートは最も身近なモータースポーツと言われる誰もが手軽に楽しめるカテゴリーです。
    だから、カートコースでは子供から大人までたくさんの人たちが様々な理由で楽しんでいるのです。 プロドライバーを目指す人もいれば、ストレス解消を兼ねた趣味として楽しむ人もいます。
    さぁ、アナタも一緒に楽しんでみませんか。

     


カートのバリエーション

    ・スプリントカート

    通常レーシングカートと言えばこのスプリントカートを指します。エンジンは排気量100ccの空冷or水冷2ストロークとなり、各メーカーから様々なモデルがリリースされています。
    エンジン始動は押しがけと呼ばれる独特な方法をとりますが、最近ではクルマやバイクのような電動スターターを採用しているモデルも登場しています。

    ※写真はビレルのシャシーにヤマハKT100SECエンジンを搭載


    ・125 Self motor KART (125セルフモーターカート)

    シャシーはスプリントと変わりませんが、エンジンが排気量125cc前後の水冷エンジンを搭載します。また、電動セルスターターも標準装備となります。
    通常のカートエンジンよりも余裕ある排気量により、ロングライフとメンテナンスの簡略化を実現、低速から太いトルクが発生するので扱いやすい乗り味となっています。
    ※写真はトニーカートのシャシーにヴォルテックスRokエンジン搭載


    ・スーパーカート 

    カート用にモディファイした二輪用のロードレーサーやモトクロスエンジンを搭載したカートです。
    シーケンシャル式の6速トランスミッションにバックミラー、大型カウルなどの特有の装備を持ちます。
    富士スピードウェイやツインリンクもてぎ、岡山国際などの四輪サーキットを走行するため、サーキットカートとも呼ばれます。
    ※写真はヤマハ製YZ125エンジンを搭載したスーパーカート



    ・レンタルカート

    手ぶらで好きなときに気楽に乗れるレンタル専用のカートです。
    カートはもちろん、ヘルメットやグローブなどのアイテムもすべてレンタルで用意されています。
    カートコースやレンタルカート専用コースでの走行となります。
    料金は周単位もしくは分単位で設定されるのが普通で、
    1回(約5周もしくは10分ほど)につき、約2,000円前後が相場です。

    ・スポーツカート

    レーシングカートのシャシーに汎用4サイクルエンジンを搭載し、誰もが扱いやすく楽しめるカートがスポーツカートです。日本では、主に耐久イベントなどで活躍し、特に栃木県・ツインリンクもてぎで開催されるK-TAIには200台近いスポーツカートが集まり、1チーム5〜10名体制で多くの方がモータースポーツを楽しんでいます。
    ※写真はビレル製シャシーにヤマハMZ200エンジンを搭載したスポーツカート


レースについて

    カートの魅力が最大限に発揮されるのはレースにおいて他にありません。
    なぜならばカートはレースでライバルと競い合うために生み出されたレーシングマシンだからです。
    カートレースで最も盛んに行われているのがSLカートミーティングと呼ばれるシリーズ戦です。

    これは全国各地のカートコースで日曜日に開催されているもので、初心者から上級者まで様々な人たちが楽しんでいます。
    また年に一回、各地のコースでシリーズランキング上位に入っている選手達が一堂に会し、SL日本一の座を決定するSL全国大会が毎秋開催されています。

    そのほかにも、各コースが独自に開催しているシリーズ戦も多数ありますが、 国内のレースにおいて最高峰に位置するのはJAFが統括する全日本選手権です。このシリーズ戦で活躍する多くの若手選手は、後にFCJやF3へとステップアップしていくので、フォーミュラへの登竜門と言えるでしょう。


    ■全日本選手権シリーズ

    ・KF(ケーエフ)クラス
    カートレースの最高峰に位置するクラスで、国内のトップドライバー、トップチーム、そしてメーカー各社が覇を競い参戦しています。カートは水冷2サイクルリードバルブ125ccエンジンを搭載。エンジンの基本構造は公認制度がありますが、改造範囲も広く、またシャシー、タイヤはメーカー、モデル共にフリーとされています。そのため、発売前のプロトタイプや、開発に主眼を置いたスペシャルパーツの供給なども行われています。
    メーカー系ワークスチームが多く参戦するため、パドックも非常に華やかで、観るスポーツとしても十分魅力的です。シリーズは全国5箇所のコースを転戦各大会2レース制で全10レースでチャンピオンシップが競われています。


    FS125(エフエス125)クラス

    KFの下に位置するクラスで、現在はIAME制パリラX30エンジンがワンメイク指定され、ストック状態で使用されています。エンジン、タイヤと公認モデルがワンメイク指定されることで、マテリアル競争をなくし、ドライバーのテクニックやセットアップ能力が磨かれるシリーズとして、主にKFへのステップアップを目指す若手ドライバーが主役のレースとなっています。シリーズは東西両地域に分かれ、それぞれ5戦を消化後、東西統一最終戦においてチャンピオンを決定します。



    ■ジュニア選手権シリーズ

    ・FP-Jr(エフピー・ジュニア)クラス
    12歳以上〜15歳未満の若いドライバーが対象のクラスです。エンジンはセルスターターを標準装備するヤマハ製のKT100SECを使用し、エンジン性能の優劣によって勝敗が決まることのないように(イコールコンディションの徹底)主催者からデリバリーされます。
    シャシーは自由ですがタイヤはヨコハマのワンメイクとなり、カートの性能差が勝敗に関係することは少なく、純粋なテクニックによる腕比べとなっているのが特徴です。

    ・FP-Jr Cadet(エフピー・ジュニアカデット)クラス
    10〜12歳を対象とし、FP-Jrへのステップアップを目指す子ども達がしのぎを削るクラスです、エンジンはFP-Jr用よりパワーを落としたヤマハKT100SECが主催者からデリバリーされます。タイヤはワンメイク指定され、シャシーはカデット用としてJAFに登録された、ホイールベース950mmの専用シャシーが使用されます

TOPへ